ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 子ども臨床心理学研究室 須藤春佳

研究室・教員紹介

子ども臨床心理学研究室

担当教員

須藤春佳 准教授

SUDO Haruka

専門分野

博士前期課程:臨床心理学

博士後期課程:臨床人間科学

博士前期課程

臨床心理学分野における、各自のテーマに関する理論的研究や、調査研究などを通して、修士論文作成に向けた指導を行う。2年間で、臨床実践の研鑽を積むと同時に各自の研究テーマを深めることを目指す。

博士後期課程

心理臨床実践につながる臨床心理学分野の研究を行うことのできる研究者養成を目指し、指導を行う。博士論文作成に向け、理論的(文献)研究、調査研究、事例研究を通し、テーマに沿った研究としてまとめることを目指す。

研究室紹介

 須藤研究室では、子どもの心をとりまく多様な現象にアプローチします。友人関係、遊び、学校、遊戯療法、箱庭療法、障害をもつ子どもの援助など、子どもの心の成長とその過程で生じうる問題について、発達・臨床的観点から考えます。
 子どもの心というのは、柔軟で可能性を秘めていると同時に、環境や周囲の関わりに大きく影響を受けるものです。また、大人になってからも、実際の子どもとの関わりを行ったり、自分の心の中にある子どもの心と対話し続けるものであり、年齢的に子どもに当たる人のみが子どもの心をもつわけではありません。子どもの心の偉大さ、不思議について探求しませんか?子どもと大人の過渡期である思春期・青年期に生じるテーマなども扱います。
 私自身は、前青年期に、一対一の同性同年輩間で形成される親友関係「チャムシップ」をテーマとし、チャムシップの心理発達的、心理治療的側面について検討してきました。成長の過程で「心の友」であるチャムが得られることは、人生を送る上で大きな喜びをもたらすでしょう。一方で、不登校やいじめを経験したり、なんらかの事情を抱え、自然と同性友人関係を築けない子どもたちに対して、臨床心理士としてどのような支援が可能なのか、考え実践しています。そういう意味で、学校教育現場は一つのフィールドとなっています。子どもの心に関心があり、また臨床心理士として子どもの心の成長や治療に関わる実践を志す方を歓迎します。

教員のプロフィール

略歴
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程修了
学位
博士(教育学)
専門分野
臨床心理学、児童期から思春期にかけての心理発達と心理臨床
所属学会
日本心理臨床学会、日本発達心理学会、日本遊戯療法学会、日本箱庭療法学会
研究テーマ

キーワード

チャムシップ(chumship)、児童期、思春期、友人関係、遊戯療法

研究課題

(1)前青年期の同性親友関係「チャムシップ」に関する研究
(2)児童期~思春期の友人関係(発達的変遷とその問題)
(3)遊戯療法の実践教育と事例研究

研究業績

著書

前青年期の親友関係「チャムシップ(chumship)」に関する心理臨床学的研究
(風間書房、単著)

学術論文

[単著]
・Chumship形成という観点からみた思春期女子との心理面接過程(心理臨床学研究第26巻1号、2008年)
・登校しぶりをきっかけに来談した、視覚障害女児とのプレイセラピー(遊戯療法学研究第8巻1号、2009年) ほか
・親友関係の光と影(神戸女学院大学論集 第58巻第1号、2011年)
・女子大学生が振り返る同性友人関係-前青年期から青年期を通して-」(神戸女学院大学論集 第59巻、2012年)
・プレイセラピーをはじめて学ぶ-臨床心理面接特論での実習における大学院生たちの学びを通して-(神戸女学院大学大学院人間科学研究科心理相談室紀要 第14号、2013年) ほか

[共著]
・学校現場における教師と心理臨床家の『視点』に関する研究(心理臨床学研究第25巻4号、2007年)
・A Study on the New Paradigm in Collaborations between Teachers and School Counselors (Psychologia -An International Journal of Psychological Sciences-,Vol51,No.4,2008) ほか

学会発表

・登校しぶりを主訴に来談した,視覚障害女児とのプレイセラピー(日本遊戯療法学会第13会大会、2008年) ほか

大学院担当科目

臨床心理実習、臨床心理基礎実習、臨床心理査定演習、臨床心理面接特論、臨床心理地域実践実習、臨床心理学特別研究ⅠⅡ