ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 発達臨床心理学研究室 石谷 真一

研究室・教員紹介

発達臨床心理学研究室

担当教員

石谷 真一 教授

ISHITANI Shinichi

専門分野

博士前期課程:臨床心理学

博士後期課程:臨床人間科学

博士前期課程

各自の問題意識や関心を臨床心理学研究の俎上にのせ、調査、観察、面接、実験などを通してデータを収集し、心理学研究法に則って分析・考察し、修士論文を作成する作業を指導する。また発達臨床的視座について文献を素材に討議によって理解を深める。

博士後期課程

博士論文作成に向けて、修士論文のテーマを発展させた研究を指導し、学会での発表、学会誌への投稿に取り組ませる。臨床心理学領域の広く深い知識の習得と心理臨床実践の経験が大前提である。

研究室紹介

私は研究室名にも使っている発達臨床心理学という言葉を、乳幼児の関係発達研究の成果を、幼児のみならず人生の様々な時期にいるクライエントさんの心の問題の理解に活かし、かつまた、クライエント-セラピスト間で生じる様々な情緒的交流の理解を深めるための学問として用いています。私のゼミ生は、関係の中で心が発達し、問題が生じ、臨床的支援も行われるという観点に立ち独自にテーマを決めて研究に取り組んでいます。以下に本ゼミの修士論文のテーマの一部を挙げました。「子どもをもつことで起こる女性の心の変化」「高機能自閉症児をもつ母親の意識の変化やわが子と周囲への関わり方」「幼児をもつ母親の子育ての意味づけと育児行動」「育児を通しての男性の自己概念の発達的変化」「日英青年のアイデンティティ形成に関する比較研究」「青年期の孤独感の基底にある内的要因とその対処について」「悲しみを心に抱えることについて」「青年期の自己愛傾向と認知思考傾向との関連」「父娘関係と娘のアイデンティティとの関連」「児童養護施設における生活臨床的視座の意義」「高校生の選ぶ「居場所」の心理的機能の考察」

教員のプロフィール

略歴
京都大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学
学位
教育学博士
専門分野
臨床心理学
研究テーマ

研究課題

(1)関係発達の観点から見た、幼児・児童・青年あるいは成人の臨床問題の理解とその支援。
(2)人形遊び技法を通して見た、幼児のメンタライゼーションの査定と査定法の開発。
(3)心理臨床的援助のプロセス研究、中でも自己調整-相互調整の連動モデル、あるいはメンタライジング促進的関わりから見た、援助的関係における相互作用の検討。

研究業績

著書

[単著] 「自己と関係性の発達臨床心理学」 培風館 2007
[共著] 「臨床心理学入門」 培風館 1998
[共著] 「発達障害」と心理臨床」 創元社 2009
[共著] 「基礎から学ぶ心理学・臨床心理学」 北大路書房 2009

学術論文

[単著] 青年期モラトリアムの発達・臨床的意義の再検討 博士論文(京都大学)2003
[単著] 臨床心理候補生による模擬心理面接とその評価
神戸女学院大学心理相談研究 第8号 3-14. 2007
[単著] 人形遊び技法による子どものメンタライゼーションの評価
神戸女学院大学論集 第59巻1号22-38. 2012
[単著] 人形遊び技法におけるナラティブの共同構築過程
神戸女学院大学論集 第60巻1号51-74. 2013
[共著] 大学生における不登校・ひきこもりに対する支援の実態と今後の課題
学生相談研究 vol.32 No.1 23-35. 水田一郎・安住伸子との共著 2011

学会発表

[単著] 模擬面接を介した大学院生の臨床コミュニケーション力育成の
日本心理臨床学会第27回大会 2008.9.5
[単著] 人形遊び技法による子どものメンタライゼーションの評価
日本心理臨床学会第31回大会 2012.9.14
[単著] 人形遊び技法による就学前児童の発達水準と表象世界の評価
日本精神分析的心理療法フォーラム第1回大会 2012.12.16

大学院担当科目

臨床心理学特論、臨床心理査定演習、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理地域実践実習、臨床心理学特別研究、人間科学合同演習