ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 認知情報処理研究室 三浦 欽也

研究室・教員紹介

認知情報処理研究室

担当教員

三浦 欽也 教授

MIURA Kinya

専門分野

博士前期課程:人間行動学

博士後期課程:臨床人間科学

研究室HP
http://usir.kobe-c.ac.jp/

博士前期課程

知能・情動を含む認知科学の領域において、理論的あるいは工学的な研究テーマを設定し、主に情報科学的な手法を用いた研究を指導する。その過程で、研究遂行に必要な技能の習得を目指す。

博士後期課程

知能・情動等の心の働きのモデル化に関連する領域において、理論的、工学的、あるいは探索的な研究を行う学生を研究指導する。学生各自が設定したテーマに沿って研究を遂行するにあたり、問題点の分析・研究手法等について助言・指導する。

研究室紹介

人間科学研究科では,さまざまな領域の研究者がさまざまな方法論で研究を進めており,それらの研究者とさまざまな形で交流を持つことができます.限られた領域の研究者同士で交流するのに比べ,同じ対象,同じ問題を,異なった視点,異なった方法論で捉える機会が多くあると感じています.「人間」は極めて複雑で多面的な存在ですから,本研究科のこのような特長は,「人間」を総合的に捉えようとするとき,大きなメリットがあると考えています.そのような特長を生かすべく,本研究室では教員・院生が主体的に,相互に刺激し合える研究環境を目指しています.

教員のプロフィール

略歴
京都大学工学部卒業
京都大学大学院工学研究科博士後期課程単位認定退学
学位
博士(工学)
専門分野
認知科学
所属学会
電子情報通信学会、情報処理学会、人工知能学会、日本ソフトウェア科学会、IEEE
研究テーマ

キーワード

感性情報処理、感情モデル、心の理論

研究課題

(1)人間らしさ認知の構造に関する研究
(2)感性の情報化に関する研究
(3)感情のモデル化とその応用

研究業績

著書

[共著]山祐嗣・山口素子・小林知博 編著, 基礎から学ぶ心理学・臨床心理学 (第7章 言語と知能), 北大路書房, 53-60, 09.4

学術論文

女子大学生における「かわいい」感覚の構造について, 神戸女学院大学論集 第59巻 第2号,63-73,12.12

学会発表

JavaScriptによるプログラミング教育を支援するための簡易実行ツール, 日本e-Learning学会 2012年度学術講演会 発表論文集,109ー113,12.11

その他

書評: 『青野篤子・湯川隆子 編:フェミニスト心理学をめざして』, 女性学評論 第21号, 神戸女学院大学女性学インスティチュート, 145-148, 07.3
学内発表: 課題ファイル提出システムについて, 神戸女学院大学研究所総合研究助成「e-learningを含むIT機器を効果的に活用した教育に関する実践的研究」成果報告会, 07.3, 三浦欽也
書評: 『落合雄彦・金田知子 編著:アフリカの医療・障害・ジェンダー』, 女性学評論 第22号, 神戸女学院大学女性学インスティチュート, 93-97, 08.3

大学院担当科目

人間行動学演習、人間行動学特別研究、情報科学特論、人間情報処理特論