ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 応用生命科学研究室 塩見 尚史

研究室・教員紹介

応用生命科学研究室

担当教員

塩見 尚史 教授

SIOMI Naofumi

専門分野

博士前期課程:健康科学

博士後期課程:人間環境科学

博士前期課程

微生物を用いた環境の修復研究と動物細胞を用いた糖代謝の研究を行う。環境修復では、汚染物質に対して効果的なバイオレメディエーション法の検討や、資源を有効利用する方法について検討する。また、動物細胞では、メタボリックシンドロームの予防研究や分化誘導の基礎的な研究を行う。

博士後期課程

博士前期課程で行う環境修復と糖代謝のテーマに対して、より詳しく調べることにより、自立した研究者の育成を行う。

教員のプロフィール

略歴
京都大学工学研究科修士課程修了
学位
工学博士
専門分野
応用生命科学
研究テーマ

研究課題

(1)微生物を利用した環境修復
(2)動物細胞を用いたメタボリックシンドローム
(3)酵母を用いた有用物質の生産

研究業績

学術論文

[共著] Murao, K.・Koga, H.・Kuroda, K.・Katoh, S.・Siomi, N., A new method for production of combinational libraries by mating of Saccharomyces cerevisiae, J. Chem. Eng.Japan 35,5, 474-478, 02.5
[共著] Kurokawa, K.・C. Lee・Nakano, A.・Katoh, S.・Shiomi, N., Secretion of α-amylase from Saccharomyces cereviaiae and Pichia pastoris and characterization of its C-terminus with an anti-peptide antibody, J. Chem. Eng.Japan 35,12, 1277-1281, 02.12
[共著] Yasuda, T.・Katoh, S.・Inoue, Y.・Shiomi, N., A bioremediation method based on self-immobilization of cells in shallow layer of soil, J. Chem. Eng.Japan 36,2, 216-219, 03.2
[共著] Inoue, Y.・Tomioka, K.・Yasuda, T.・Shiomi, N., Immobilization of Candida cells showing mycelium-like shapes in porous polyvinyl formal resin and their application, J. Chem. Eng.Japan 36, 2,161-165, 03.2
[共著] C.Y.Lee・Nakano, A.・E.K. Lee・Katoh, S.・Shiomi, N., Effects of substrate feed rates on heterogous protein expression by Pichia pastoris in DO-stat fed-batchfermentation, J. Microbial. Tech. 33, 358-365, 03.12
[共著] Yasuda, T.・Inoue, Y.・Kusumoto, N.・Iwasaki, S.・Katsuda, T.・Katoh, S.・Shiomi, N., Characteristics of neutralization of acids by newly isolated fungi cells, J. Biotech. Bioeng. 97, 54-58, 04.1
[共著] 加藤滋雄・塩見尚史, 微生物を利用した土壌汚染浄化法, ケミカルエンジニアリング 49, 5,40-45, 04.5
[共著] Yasuda, T.・Iwasaki, S.・Yamaguchi, Y.・Katsuda, T.・Katoh, S.・Shiomi, N., Neutralization of acids by microorganisms co0immobilized with Bacillus subtilis in a shallow layer of model soil, J. Chem. Eng.Japan 37,12, 1445-1451, 05.2
[共著] Yamaguchi, Y.・Nakai, H.・Fujita, T.・Katsuda, T.・Katoh, S.・Shiomi, N., Degradation of cyanuric acid in soil by Pseudomonas sp. NRRL B-12227 using bioremediation with self-immobilization system, Journal of Bioscience and Bioengineering 102, 206-209, 06.1
[共著] Nakano, A.・C. Y. Lee・Matsumoto, T.・Katoh, S.・Shiomi, N., Effects of methanol feeding on chimeric α-amylase expression in Picha pastoris, J. Biotech. Bioeng. 101,3,227-231, 06.3

学会発表

メタノール資化性酵母Pichia pastorisの連続培養による一本鎖抗体生産, 第58回 日本生物工学会大会, 大阪大学, 06.9.11-13, 山脇伸哉・松本偉大・大西由夏・勝田知尚・加藤滋雄・塩見尚史
酸性化した池のカビを用いたバイオレメディエーション, 化学工学会 第38回秋季大会, 福岡大学, 06.9.16-18, 鍋島理咲子・加藤滋雄
メタノール資化酵母による一本鎖抗体の効率的生産方法の検討, 化学工学会 第38回秋季大会, 福岡大学, 06.9.16-18, 有井健児・中井裕章・山口豊・勝田知尚・加藤滋雄・塩見尚史
Measurement of adipocytokines secreted from mouse adipocyte, 12th Symposium of Young Asian Biochmical Engineer’s Community, Kaohsiung(Taiwan), 06.11.25-27, Mimura, M.・Nabeshima, R.・Shiomi, N.
Neutralization of triazineherbicide degradation cells and application to bioremediation, 12th Symposium of Young Asian Biochemical Engineer’s Community, Kaohsiung(Taiwan), 06.11.25-27, Nabeshima, R.・Urase, M.・Katoh, S.・Shiomi, N.
Characterization of triazine herbicide degradation cells and application to bioremediation, 12th Symposium of Young Asian Biochemical Engineer’s Community, Kaohsiung(Taiwan), 06.11.25-27, Urase, M.・Nabeshima, R.・Nakai, H.・Katsuda, T.・Katoh, S.・Shiomi, N.
メタノール資化酵母を用いた一本鎖抗体生産におけるメタノール供給方法, 化学工学会 第72年会, 京都大学, 07.3.19-21, 大西由夏・山脇伸哉・松本偉大・勝田知尚・加藤滋雄・塩見尚史

その他

トピックス:脂肪細胞を用いた肥満の研究, 化学工学 70巻12号, 化学工学会, 68-69, 06.6
研究:地球のお医者さん, 学報, 神戸女学院, 06.7

大学院担当科目

応用生命科学特論、健康科学演習、健康科学特別研究