ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 食品基礎科学研究室 高岡 素子

研究室・教員紹介

食品基礎科学研究室

担当教員

高岡 素子 教授

TAKAOKA Motoko

専門分野

博士前期課程:健康科学

博士後期課程:人間環境科学

博士前期課程

食品の持つ構造的な特徴や生理的機能、食品に対する人体の応答性について、実験または調査によりアプローチし解明していく。研究主題の設定、実験、データ整理、統計処理などの研究能力を身につける。

博士後期課程

『食』の多面性、多義性を正確に理解し、人に対して食品がどのように関わっているのかということについて科学的に探究する。自ら考え、実験・調査を遂行し、結果を解析していく研究者として必要な実践力を身につける。

研究室紹介

人間にとって食べ物とは生きていくために必要とするだけでなく、おいしい食物は我々の生活にうるおいと喜びを与えます。最近では、食品成分の化学的研究が分子レベルまで進み、食物の生体に及ぼす様々な影響も遺伝子レベルにまで科学的に解明されています。
しかしながら、生理機能が期待されている食品成分のうち、生体内あるいは細胞内における作用機構が明らかにされているものは、あまり多くありません。
私の研究室では、食物に対して人間の身体がどのように応答するか、主にヒト介入実験において調べています。そこから得られた結果を成分分析結果などの結果と総合的に解析することにより、ストレスを抑制する物質の探求や、肌状態を向上させる成分を探求しています。
大学院での研究では、実験や調査を通して、科学的な根拠に基づいた、論理的な考えを構築していく手法や力を身につけてほしいと願っています。

教員のプロフィール

略歴
神戸大学大学院自然科学研究科環境科学専攻 博士課程修了
学位
学術博士
専門分野
食品科学
所属学会
日本栄養食糧学会、日本調理科学学会、日本食生活学会、日本育種学会
研究テーマ

キーワード

食品に対する身体の応答性、おいしさの科学, 室内環境と健康

研究課題

アミノ酸の抗ストレス作用の検証
乳酸菌の肌に対する影響
ショウガ麹の体温上昇に対する効果
シカ肉の食活用のための基礎研究
室内環境が喘息およびアレルギーに及ぼす影響

研究業績

著書

[共著]食べ物と健康・食品学総論、高岡素子 編集、八千代出版(2011)
[共著] Sick Building Syndrome: in Public Buildings and Workplaces Springer (2011)
[共著]食べ物と健康・食品学各論、下橋淳子編集、八千代出版(2012)

学術論文

[共著] Fukuda M.・N. Islam・Woo, S.H.・Yamagishi, A.・Kawasaki, H.・Hirano, H.・Takaoka, M., 2003. Assessing matrix assisted laser desorption /ionization-time of flightmass spectrometry as a means of quick rice embryo protein identification., Electrophoresis 24, 1319-1329.
[共著] Nazul Islam・Sassa, H.・Kawasaki, H.・Hirano, H.・Takaoka. M.,2003. Characterization of low molecular weight starch granule associated protein in common wheat by proteome approaches, Journal of . Electrophoresis. 47, 43-49.
[共著] Ukegawa, R.・N. Islam・Adachi, T.・Hirano, H.・Takaoka, M., 2004. Changes in proteome patterns in buckwheat seed under submergence. , Adv. Buckwheat Res. 8, 122-128.
[共著] 笠松千夏・山下進・高岡素子, 食教育のプログラム開発. 2006. 鎌倉で発達した精進料理を利用した食教育, 鎌倉女子大学学術研究所報 6, 45-56.
[共著] Motoko Takaoka・Dan Norback, 2007. Buckwheat and other food allergy/intolerance, asthma, and dietary habits among female university students in Kobe and Kamakura, Japan. Adv. Buckwheat Res. 10. 503-509.
[共著] Motoko Takaoka・ Dan Norback, Diet among Japanese female university students and asthmatic symptomps, infections, pollen and furry pet allergy. 2008. Respiratory Medicine. 102, 1045-1054.
[共著] 高岡素子・宮崎博隆・別所京子・松本剛・佐々木愛, 2008. 食生活が肌の状態に及ぼす影響, 食生活学会誌 19(1). 44-49.
[共著] Akito Shimouchi, Kazutoshi Nose, Motoko Takaoka, Hiroko Hayashi, Takaharu Kondo. 2008. Nov. Effect of Dietary Turmeric on Breath Hydrogen. Dig Dis Sci. 54(8):1725-1729..
[共著] Joseph S , Kamara , M Hoshino, Y. Saitoh, N Nayar, T. M. Takaoka, Sasanuma, T. Abe. 2009. Japanese Sake-brewing rice cultivars show high levels of globulin-like protein and chloroplast stromal HSP70. Crop Science,49,2198-2206.
[共著] Motoko Takaoka, Dan Norback, 2011.The home environment of Japanese female university students - association with respiratory health and allergy Indoor and Built Environment.

学会発表

・精進料理におけるだし汁の役割。だし汁の違いがサトイモの調理特性に及ぼす影響, 調理科学学会, 岡山県立大学, 2006.笠松千夏・高岡素子
・精進料理の栄養調査, 日本家政学会, 秋田大学, 2006.笠松千夏・高岡素子
・女子大生におけるアミノ酸摂取に対する短期における生理学的応答性について,栄養食糧学会,京都,2007,高岡素子・鈴木正人・小笠原和子・大谷勝
・女子学生の食品アレルギー 特に水産食品アレルギー罹患状況について,日韓栄養・食生活比較研究シンポジウム,文教大学,2007,高岡素子
・Asthmatic symptoms, airway infections and pollen and furry pet allergy in relation to the home environment of Japanese female university students. Spain. European academy of allergology and Clinical immunology,2008,Motoko Takaoka, Dan Norback,
・アレルギーおよび喘息に対する食生活におけるリスクおよび防御ファクターの探索,日本食生活学会,東京,2008,高岡素子・Dan Norback
・Physiological response to amino acids supplementation in Japanese female university students. The American Chemical Society 237th ACS National Meeting & Exposition.in Salt Lake City, UT on March 22-26, 2009,Motoka Takaoka・Kazuko Ogasahara・Masaru Otani
・精進料理における栄養的解析と食味に及ぼす油の影響について,日本調理科学学会,名古屋,2008,鈴木杏子・仲河優里・西まみか・野田裕美子・高岡素子
・数種類の昆布だし汁中における遊離アミノ酸含量の比較,日本調理科学学会,御茶ノ水大学,東京,2007,竹久朋・青木麻衣子・笠松千夏・高岡素子
・ターメリック含有食事摂取の呼気水素濃度への影響,第10回日本呼気病態生化学研究会,東邦大学,大森病院,2007,下内章人・星野愛寿紗・萱野彩美・野瀬和利・林比路子・乾紀子・高岡素子・近藤孝春
・Physiological response to amino acids supplementation in Japanese female university students. The American Chemical Society 237th ACS National Meeting & Exposition.in Salt Lake City, 2009. Motoko Takaoka, K Ogasahara, M Ootani,
・アミノ酸サプリメントによるストレス軽減作用に関する研究. 第64回栄養・食糧学会. 長崎ブリックホール. 2009, 高岡素子・片山亜沙美・坂倉南・須藤真希・小笠原和子・大谷勝.
・Asthmatic symptoms and pollen and furry pet allergy among pupils in relation to dietary factors and the school and home environments in Japan. Euporean respiratory society, Spain Barcelona, 2010. Motoko Takaoka, Dan Norback
・アミノ酸サプリメントによるストレス軽減作用に関する研究. 第65回栄養・食糧学会. アクティ徳島. 2010. 高岡素子・鮫島美穂・鈴木杏子・大谷勝.
・精進料理における栄養的解析と食味に及ぼす油の影響について.日本調理科学学会. 2008.名古屋. 鈴木杏子、仲河優里、西まみか、野田裕美子、高岡素子
・かつお節だしとさば節だしの遊離アミノ酸含量及び抗酸化性の比較日本調理科学学会近畿支部. 2010.大阪. 鈴木杏子、岡恵理子・高岡素子.
・かつお節だし摂取が生理的反応に及ぼす影響.日本調理科学学会近畿支部. 大阪. 2010. 岡恵理子・鈴木杏子・高岡素子.
・シカ肉の食資源化に関する研究.第65回栄養食糧学会.東京.2011. 吉村 美紀、村井 希衣、舞原 あゆみ、加藤 陽二、松本 亮、新田 陽子、高岡 素子、渡辺 敏郎、横山 真弓.
・シカ肉の栄養解析と新規機能性の探索. 第65回栄養食糧学会.東京. 2011. 岡 恵理子、吉村 美紀、横山 真弓、加藤 陽二、新田 陽子、渡辺 敏郎、高岡 素子.
・ラットにおける酒粕発酵エキスの抗ストレス作用. 2011. 第65回栄養食糧学会.東京. 2011.井口 隆文、山下 和彦、渡辺 敏郎、高岡 素子、加藤 範久.
・東北地方より収集したナシ果実の形態形質および機能性成分. 平成24年度園芸学会, 大阪. 2012. 松崎綾、野村啓一、高岡素子、片山寛則.
・酒粕甘酒の摂取がヒトの体温におよぼす影響. 平成24年度日本醸造学会、東京. 2012. 井口 隆文、渡辺 敏郎、鈴木杏子、高岡 素子.
・快適度評価モデルを用いた月経前後の神経生理学的評価. 第42回日本臨床神経生理学会学術大会. 東京. 2012. 沖田善光、鈴木杏子、高岡素子.
・発酵ショウガ麹の摂取がヒトの体温に及ぼす影響.第51回日本栄養・食糧学会、近畿支部会、兵庫甲子園大学, 兵庫. 2012. 坊垣知佳、金岡美里、川端幸奈、渡辺敏郎、井口隆文、鈴木杏子、川上佐知子、高岡素子.
・丹波シカ肉の熟成に伴う物理・化学的変化に関する研究. 日本畜産学会. 広島. 2013. 岡 恵理子、鈴木杏子、高岡素子、山之上 稔.

大学院担当科目

人間科学合同演習、食品基礎科学特論、健康科学演習、健康科学特別研究