ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 動物生態学研究室 遠藤 知二

研究室・教員紹介

動物生態学研究室

担当教員

遠藤 知二 教授

ENDO Tomoji

専門分野

博士前期課程:環境科学

博士後期課程:人間環境科学

メイン画像

博士前期課程

動物生態学、行動生態学、保全生態学の領域で、おもに野外調査にもとづく研究テーマを設定し、修士論文の作成や学会発表に必要な諸技術の指導を行う。

博士後期課程

陸上の生物間相互作用における生態的な過程に影響を与える人間活動を含むさまざまな要因を明らかにするため、野外調査にもとづいた研究の指導を行う。研究計画の立案からデータの解析、学術論文の投稿まで、自立した研究者の育成をめざす。

研究室紹介

研究室では、おもにハチやクモなど陸上節足動物を対象に、生物多様性を保全するための基礎としてそれらの生態、行動をあきらかにし、行動生態学、群集生態学、景観生態学などの手法を用いた研究を行っています。大学院の演習では、生態学の文献講読や、野外研究で正しく結果を評価するために必須の統計的手法などの手ほどき、論文作成のための訓練などを行います。また講義では生態学の基礎から最近の研究動向までを扱います。生態学の研究は、フィールドで生物がどのように生活しているかを自分の目で詳しく観察することから始まります。そのようなフィールドワークを続けるためのモチベーションとして、自然のしくみを解き明かそうとするあくなき探求心や自然環境を守りたいという強い意志をもつことが大事です。

教員のプロフィール

略歴
北海道大学農学部卒業
北海道大学大学院農学研究科博士後期課程修了
学位
農学博士
専門分野
動物生態学
所属学会
日本生態学会、個体群生態学会、日本動物行動学会、日本昆虫学会、日本蜘蛛学会など
研究テーマ

キーワード

行動生態学 単独性カリバチ 竹筒トラップ 海岸砂丘 昆虫群集 保全

研究課題

(1)カリバチ類の行動生態学と保全
(2)海岸砂丘の群集生態学と生物保全
(3)熱帯雨林におけるアリグモ類の生物多様性の創出と維持機構

研究業績

著書

[共著] 人と自然61話, 兵庫県立人と自然の博物館, 02.10
[共著] ファーブルにまなぶ, 日仏共同企画「ファーブルにまなぶ」展実行委員会, 07.6
[共著] まちぼうけの生態学―アカオニグモと草むらの虫たち,月刊たくさんのふしぎ,福音館書店, 11.8
[共著] 糸の博物誌—ムシたちが糸で織りなす多様な世界,海游舎, 12.9

学術論文

[共著] 橋本佳明・遠藤知二・西本裕・中西明徳 管住性ハチ類の多様性による武庫川流域の里山環境評価, 兵庫県立人と自然の博物館総合共同研究平成14・15年度調査報告論文集『武庫川上流の人と自然』, 36-39, 04.3
[共著] 増井直緒・遠藤知二 近畿地方におけるキムネクマバチの訪花植物とその特性, ヒューマンサイエンス 7号, 31-37, 04.3
[共著] 遠藤知二・石井友香・西原光恵 神戸女学院中庭におけるスミレ類とアリの空間分布, 神戸女学院大学論集 第51巻第1号, 91-106, 04.7
[共著] 井上牧子・遠藤知二 京都府箱石海岸における海浜植物の訪花性昆虫群集の種構成, ヒューマンサイエンス 9号, 39-46,06.3
[共著] Inoue, M.・Endo, T. Spatiotemporal distribution and resource use of scoliid wasps (Hymenoptera) in coastal sand dunes, Entomological Science 9, 359-371, 06.12
[共著] 楠瀬雄三・村上健太郎・伊東憲正・遠藤知二 海浜周辺の緑地減少によるハマヒルガオ訪花昆虫の喪失.日本緑化工学会誌 33, 243-2446.07.8
[共著] 遠藤知二・西本裕・橋本佳明・中西明徳 兵庫県北部の砂浜海岸におけるニッポンハナダカバチの分布.人と自然 18号, 13-20.07.12
[共著] Inoue, T.・Endo, T. Below-ground host location by Campsomeriella annulata (Hymenoptera: Scoliidae), a parasitoid of scarabaeid grubs. Journal of Ethology 28, 43-50. 08.1
[共著] Okabe, K.・Makino, S.・Endo, T. Polymorphism in the deutonymph and adult of Sennertia alfkeni (Acari: Chaetodactylidae) associated with the large carpenter bee, Xylocopa appendiculata circumvolans (Hymenoptera: Apidae). Journal of Natural History 42, 1361-1384. 08.5
[共著] 橋本佳明・遠藤知二・西本裕 武庫川流域における管住性ハチ類相とその多様性による里山環境評価.人と自然 22号,1-12. 11.12
[共著] 西本裕・遠藤知二 兵庫県宝塚市の山火事跡とその周辺における竹筒トラップに営巣するハチ類.兵庫生物 14号,213-218. 12.3
[共著]Shimizu, A.・Nishimoto, Y.・Makino, S.・Sayama, K.・Okabe, K.・Endo, T Brood parasitism in two species of spider wasps (Hymenoptera: Pompilidae, Dipogon), with notes on a novel reproductive strategy. Journal of Insect Behavior 25, 375-391. 12.7
[共著]今崎惟・田口詠子・島津ゆうみ・遠藤知二 竹筒トラップに営巣したアルマンアナバチ(Isodontia harmandi)の巣にみられる営巣過程とブルードの発育過程.ヒューマンサイエンス 16号,7-17. 13.3

学会発表

砂丘に営巣する地中営巣性ハチたち, 土壌動物学会 シンポジウム, 鳥取大学, 06.5, 遠藤知二・井上牧子
アリ形グモ群集とモデルとしてアリ群集の多様性:アリ形グモ多様性の鋳型としてのアリ類群集構造, 日本昆虫学会 第66回大会, 鹿児島大学, 06.9.16-18, 橋本佳明・遠藤知二・舘卓司・山根正気・マリアッティ・モハメド
アリ形グモ群集とモデルとしてアリ群集の多様性:アリ擬態はどこで有利になるか, 日本昆虫学会 第66回大会, 鹿児島大学, 06.9.16-18, 遠藤知二・橋本佳明・舘卓司・山根正気・マリアッティ・モハメド
地中におけるヒメハラナガツチバチのホスト探索過程:どのように手がかりとホストを見つけるのか?, 日本昆虫学会 第66回大会, 鹿児島大学, 06.9.16-18, 井上牧子・遠藤知二
海岸砂丘における有剣ハチ類群集とその生息場所, 第54回日本生態学会大会, 愛媛大学, 07.3.19-23, 遠藤知二・井上牧子
西宮市におけるキシノウエトタテグモの分布と生息場所の条件, 第54回日本生態学会大会, 愛媛大学, 07.3.19-23, 大家理絵・遠藤知二
宝塚における60年間のチョウ相と景観構造の変化-手塚治虫の見た自然はどう変わったか? 第54回日本生態学会大会, 愛媛大学, 07.3.19-23, 林江里子・遠藤知二
Behavior, mind, and evolution: from biological perspectives, Symposium: Evolution and the Mind Can Darwin's Theory of Evolution Help Us to Understand the Mind, Kobe College, 07.4.21, Inoue, M., Endo, T
西宮市におけるキシノウエトタテグモの生息状況と生息地の環境条件, 日本蜘蛛学会第39回大会, 九州東海大学, 07.8, 大家理絵・遠藤知二
チョウの多様性と景観構造の対応関係を探るための適切な空間スケール.日本昆虫学会第67回大会.神戸大学.07.9 林江里子・遠藤知二
ヒメハラナガツチバチのホスト運搬過程:地中で見つけたホストをどのように運ぶのか?日本昆虫学会第67回大会.神戸大学.07.9 井上牧子・遠藤知二
兵庫県におけるベッコウバチ科・ヒゲベッコウ(Dipogon)属の分布と生態—第1報.日本昆虫学会第67回大会.神戸大学.07.9 西本裕・森島玲奈・遠藤知二
地中におけるツチバチのホスト探索行動:ホスト発見の成否に影響する要因.日本動物行動学会第26回大会.京都大学.07.11. 井上牧子・遠藤知二
ヤドリヒメクモバチDipogon (Nipponodipogon) spp.の労働寄生.日本昆虫学会第68回大会.香川大学.08.9.14-16. 清水晃・西本裕・遠藤知二・佐山勝彦・牧野俊一・岡部貴美子
ボルネオ島熱帯雨林の樹冠層におけるアリとアリ擬態グモ類の多様性構造.日本昆虫学会第69回大会.三重大学.09.10. 橋本佳明・遠藤知二・市岡孝朗
Does biodiversity of ant-mimic spiders associate with ant biodiversity? –Canopy-ground comparisons within Bornean tropical forest. International Conference on Ants -7th ANet, Cibodas Botanic Garden, Indonesia, 09.11, Hashimoto, Y.・Endo, T.・Itioka, T.
Does biodiversity of ant-mimic spiders associate with ant biodiversity? The XVI Congress of the International Union for the Study of Social Insects, 10.8. Hashimoto, Y.・Endo, T.・Itioka, T.
アルマンアナバチの共同育房はなぜ発達したか:ツツアナバチ属近縁2種の比較.日本昆虫学会第70回大会.09.9, 遠藤知二・藤田知香
都市環境下におけるセイヨウミツバチの花資源利用.日本昆虫学会第70回大会.09.9, 仁木佐知恵・遠藤知二
開花フェノロジーからみたイヌビワとイヌビワコバチの繁殖戦略.日本昆虫学会第70回大会.09.9, 静貴子・遠藤知二
Why are there so many poor mimic of ant-mimic spiders in tropical forest? ANet Meeting 2011: 8th International Conference on Ants, 11.10, Hashimoto, Y.・Endo, T.

その他

報告書:甲山湿原及び甲山湿原観察園学術調査報告書(2)動物.西宮市,1-9. 05.5
論文:竹筒トラップを用いて調査した豊中市内の学校のカリバチ・ハナバチ相, Nature Study 52巻, 大阪市立自然史博物館, 114-117, 06.10
記事:海辺に咲く花と昆虫との関係, 波打ち際の自然史, きしわだ自然史資料館, 07.2
論文:木津川川原における訪花性昆虫群集の季節推移.木津川の総合研究Ⅱ.165-182. 09.3
記事:「環境と健康のために行動する女性科学者養成」プログラム2008年度の活動報告.ヒューマンサイエンス12, 4-5. 09.3
記事:海岸砂丘のベッコウバチの生態.昆虫と自然,5-10. 10.90
記事:甲子園浜の昆虫、ゆたかな兵庫の自然力-生物の多様性と人々の営み、神戸新聞総合出版センター.13-131.11.12

大学院担当科目

生態学特論、動物生態学特論、環境科学演習、環境科学特別研究