ホーム > 研究科紹介 > 研究室・教員紹介 > 家族臨床心理学研究室 國吉 知子

研究室・教員紹介

家族臨床心理学研究室

担当教員

國吉 知子 教授

KUNIYOSHI Tomoko

専門分野

博士前期課程:臨床心理学

博士後期課程:臨床人間科学

博士前期課程

院生各自の問題意識や関心テーマを臨床心理学的観点から捉えなおし、調査、実験、事例研究などのさまざまな心理学研究法を用いて探究、分析し、修士論文作成に収斂していけるよう指導する。

博士後期課程

臨床実践および事例研究、あるいは基礎研究等を通じて、院生各自のテーマを臨床心理学的観点からさらに発展、洗練させていくことで、心理臨床への新たな知見を創出できる臨床実践研究者の育成を目指す。

研究室紹介

國吉研究室では、大学院生の皆さんが自らの臨床的経験での関心や問題意識を発展させるなかで心理学研究として結晶化させていけるよう支援・指導をしています。学部との縦のつながりも大切にしており、國吉ゼミ生を対象に院生がファシリテーターとしてグループワークを実施するなど、学部生との親睦を深めつつ、「地域実践活動」に有効なグループ運営スキルを体験・学習できる機会を設けています。
 心理療法について実践的に学ぶなかで、日常の経験を自分なりに対象化すること、自分の心の揺れや感情の動き、価値観に気づくことが、自己受容、他者受容につながっていきます。これは楽しくかつ苦しい作業であり、終わりのない旅とも言えます。臨床心理士を目指して我々と一緒に歩んでくださることを期待しています。

教員のプロフィール

略歴
京都大学大学院教育学研究科博士課程単位取得退学
学位
教育学修士
専門分野
家族臨床心理学、音楽療法、トラウマケア、イメージ療法
研究テーマ

研究課題

(1)調整的音楽療法(RMT)の効果についての実践的研究
(2)PCITなど、親子関係改善や子育て支援の実践と研究
(3)トラウマケア(EMDRやイメージ療法など)による心の回復についての実践的研究

研究業績

著書

[共著]山祐嗣・山口素子・小林知博編「クライエント中心療法」『基礎から学ぶ心理学・臨床心理学』北大路書房p.138-144 (2009.4)
[共著]山祐嗣・山口素子・小林知博編「音楽療法」『基礎から学ぶ心理学・臨床心理学』北大路書房 p.205-207 (2009.4)
[共著]山祐嗣・山口素子・小林知博編「臨床心理士の活動と倫理」『基礎から学ぶ心理学・臨床心理学』北大路書房p.225-231 (2009.4)
[共著]伊藤良子・大山泰宏・角野善宏編「表象としての身体―家族布置義用の基盤としての身体―」『心理臨床関係における身体(京大心理臨床シリーズ)』創元社 p.88-96, (2009.9)

論文

[単著]「プレイセラピーにおける『悪』の布置」(コメント論文)『心理相談研究紀要』第7号神戸親和女子大学 心理・教育相談室 p.73-75 (2009.4)
[単著]「地域支援意識を高揚する臨床心理士養成プログラムの意義―アウトリーチ活動を中心に―」『心理相談室紀要』第12号 神戸女学院大学大学院 p.3-11 (2011.3)
[単著]「臨床心理士がおこなう親への支援―子どもの感情の社会化と親のかかわり―」『神戸女学院大学論集』第58巻第1号p.69-83 (2011.6)
[単著]「米国における新しいトラウマ治療の動向―子どもの複合的トラウマ治療のための枠組ARC理論―」『神戸女学院大学論集』第58巻2号p.1-17 (2011.12)
[単著]「症状という家族の絆」(コメント論文)『大分大学大学院教育学研究科心理教育相談室紀要』第8号p.25-29 (2013.2)

学会発表

「激しいパニック症状を訴えたAくんの箱庭療法を中心に」(司会) 日本箱庭療法学会第23回大会 佛教大学(2009.11.15)
[単独]「調整的音楽療法(RMT)による自己没入尺度の変化について」第11回日本音楽療法学会学術大会 (2011.9.10)
[単独]「調整的音楽療法(10回法)によるストレス、不安の変化―生理学的指標を用いて―」第12回日本音楽療法学会学術大会 (2012.9.8)
[単独]「調整的音楽療法(RMT)によるストレス、自己注目の変化―生理学的指標を用いて―」日本心理学会第76回大会 (2012.9.11)

その他

[翻訳]
[共訳]「アチェにおける津波被害者のトラウマ治療プログラム」『日本EMDR学会地震津波被害者へのEMDR適用(資料)』(訳者:上田英一郎、國吉知子、榎日出夫、緒川和代、加藤澄江、南和行)p.17-98

研究助成

「地域援助意識を発揚させる臨床心理士養成のための教育システムの構築」 神戸女学院大学研究所研究助成(代表)2010年度
「調整的音楽療法(RMT)集団実施による自己没入傾向の改善可能性の検討」 神戸女学院大学人間科学部教育・研究助成(単独)2010年度
「地域サポートステーションとしての学校―臨床心理士による教育現場での危機対応―」第5回臨床心理士による地域実践を考えるシンポジウムの開催 神戸女学院大学研究所研究補助(代表)2011年度
「調整的音楽療法(RMT)の心身への効果について―生理学的指標を用いて―」神戸女学院大学人間科学部教育・研究助成(単独)2011年度
「ホログラフィートークによるトラウマケアの効果について」神戸女学院大学研究所研究助成(単独)2012年度
「調整的音楽療法(RMT)の心的過程について―マインドフルネス・不安・自己注目の観点から―」神戸女学院大学人間科学部教育・研究助成(単独)2012年度

大学院担当科目

臨床心理面接特論、臨床心理査定演習、臨床心理基礎実習、臨床心理実習、臨床心理地域実践実習、臨床心理学特別研究