ホーム > 研究科紹介 > 研究科科長メッセージ

研究科科長メッセージ

人間科学研究科には、臨床心理学、人間行動学、健康科学、環境科学という4つの領域があります。それぞれ研究している内容やアプローチの方法は、ずいぶん異なっていますが、ひと言でいえば、人間そのものについて研究する分野と人間をとりまく環境について研究する分野からなっています。高齢化社会、高度消費社会、格差社会、地球温暖化、生物多様性といったキーワードを思いつくままに並べても気づくように、人間社会を持続的に展開していくためにわれわれが直面している問題は、いうまでもなくきわめて複合的で、それらに取り組むためには、人間について理解し、人間が及ぼす影響を把握しなければなりません。人間を知るためには、人間をとりまく環境について理解する必要があり、人間が及ぼす影響を把握しようとすれば、人間そのものを知る必要があることは、いうまでもないでしょう。われわれの研究科が異質な領域の研究者の集まりであるのは、そのような理由によっています。


本研究科の院生は、それぞれの専門分野のどれかに所属し、自ら研究を行うことでその専門分野について深く学びますが、合同演習などをはじめとする大学院教育のなかで、異なる専門領域の方法論などについても学ぶことになります。それが本研究科の大きな特徴であり、人間という複雑きわまりない存在を相手に研究をするときの重要な手がかりとなるでしょう。


また、本研究科は、大学院教育改革支援プログラムを踏まえて大学院教育を充実させ、国際交流を促進しています。専門性の高い大学院教育によって、地域社会や生活の中で生じている課題について多元的な視野から取り組むことのできる実践的な女性研究者の養成をめざしています。

写真:研究科科長 小林哲郎

研究科科長 小林哲郎