ホーム > 教育・研究(博士前期) > カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムの特徴

人間科学研究科共通の必修科目である「人間科学合同演習」は本研究科独自の科目です。4分野の大学院生が主体的に運営し、各自の研究計画や進行状況、研究成果を発表し、教員を交えて質疑応答を行います。人間科学として幅広い視野を養い、研究上のコミュニケーション能力を培うことなどを目的としています。

臨床心理学分野では、地域の心理臨床ニーズに応じ、他職種の専門家とも協働して実践に当たる臨床心理士、公認心理師の養成に力を入れています。そのため心理臨床の基本技能はもとより、ニーズのリサーチや開拓、活動の企画も含めた、実践的な内容の濃い実習・演習を充実させています。

人間行動学分野、環境科学分野、健康科学分野では、院生の修士論文のテーマに応じて研究遂行に必要な実験手法やデータ解析技術などのための指導が行われています。

全分野共通履修科目

必修 1年 2年 単位
人間科学合同演習I 人間科学合同演習II 2
関連科目 1~2年 単位
人間科学特別講義I
人間科学特別講義Ⅱ
人間科学特別講義V
人間科学特別講義Ⅲ
専門領域通訳特論(自然科学)I
専門領域通訳特論(自然科学)Ⅱ
情報科学特論
2
2
2
2
2
2
2

各専門分野履修科目

必修 専攻分野 1年 2年 単位
臨床心理学 臨床心理学特別研究I 臨床心理学特別研究II 4
人間行動学 人間行動学演習I
人間行動学特別研究I
人間行動学演習II
人間行動学特別研究II
4
4
環境科学 環境科学演習I(A,B,C,D,E)
環境科学演習I(F)
環境科学特別研究I
環境科学演習II(A,B,C,D,E)
環境科学演習II(F)
環境科学特別研究II
4
4
4
健康科学 健康科学演習I
健康科学特別研究I
健康科学演習II
健康科学特別研究II
4
4

教職・教科「理科」を取得する者は、必修科目より下記の単位を履修すること。
 ・環境科学演習I(A,B,C,D,E)より1科目4単位
 ・環境科学演習II(A,B,C,D,E)より1科目4単位

選択必修 専攻分野 1~2年 単位 要求単位
臨床心理学 心理統計法特論
認知行動療法特論
臨床心理学特論
臨床心理面接特論Ⅰ
(心理支援に関する理論と実践)
臨床心理面接特論Ⅱ
投影法特論
心理療法特論
犯罪心理学特論
(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
心身医学特論
臨床心理査定演習Ⅰ
(心理的アセスメントに関する理論と実践)
臨床心理査定演習Ⅱ
臨床心理基礎実習
臨床心理実習Ⅰ
(心理実践実習Ⅰ)
臨床心理実習Ⅱ
臨床心理比較文化特論
(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
臨床心理地域実践実習
(心理実践実習Ⅱ)
産業臨床心理学特論
(産業・労働分野に関する理論と支援の展開
障害者(児)心理学特論
(福祉分野に関する理論と支援の展開)
学校臨床心理学特論
(教育分野に関する理論と支援の展開)
2
2
4
2
 
2
2
2
2
 
 
2
2
 
 
2
2
1 

1
2 
 
 

2 
 
2 
 
 
2 
 

2 
 
●分野内の科目から22単位以上

●他の専門分野の科目、あるいは共通科目の関連科目から4単位以上

※臨床心理士・公認心理師受験資格に伴うカリキュラムは下記
人間行動学 社会心理学特論
認知心理学特論
生涯発達心理学特論
人間情報処理特論
日本の環境とその保全Ⅰ
日本の環境とその保全Ⅱ
2
2
2
2
2
2
●選択する分野の科目から20単位以上

●他の専門分野の科目、あるいは共通科目の関連科目から6単位以上

※臨床心理学分野の科目は一部履修不可
環境科学 環境科学特論I *
環境科学特論II *
動物生態学特論 *
植物生態学特論 *
環境分子生物学特論 *
分析化学特論 *
溶液科学特論 *
基礎物理化学特論 *
環境社会学特論
日本の環境とその保全Ⅰ
日本の環境とその保全Ⅱ
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
2
健康科学 精神医学特論
(保健医療分野に関する理論と支援の展開)
細胞生物学特論 *
食品分子機能学特論
食品基礎科学特論
応用生命科学特論 *
日本の環境とその保全Ⅰ
日本の環境とその保全Ⅱ
2
 
 
2
2
2
2
2
2

教職・教科「理科」を取得する者は、選択必修科目より下記の単位を履修すること。
   * があるものから、8科目16単位取得
※必修科目の、環境科学演習I(A,B,C,D,E)、環境科学演習II(A,B,C,D,E)の単位と選択必修科目 * の単位とあわせ、合計24単位履修すること。

人間行動学、環境科学、健康科学分野の選択必修科目は基本的に隔年で開講されます。

「臨床心理士」受験資格に伴う養成課程を含む履修科目

必修 1~2年 単位 2年 単位
臨床心理学特論
臨床心理面接特論Ⅰ
(心理支援に関する理論と実践)
臨床心理面接特論Ⅱ
臨床心理査定演習Ⅰ
(心理的アセスメントに関する理論と実践)
臨床心理査定演習Ⅱ
臨床心理基礎実習
臨床心理実習Ⅰ(心理実践実習Ⅰ)
臨床心理実習Ⅱ
2,2
2
 
2
2
 
 
2
2
1
1
臨床心理地域実践実習
(心理実践実習Ⅱ)
2
選択必修 領域 1~2年 単位 要求単位
A   心理統計法特論
  臨床心理学特別研究I
  臨床心理学特別研究II
2
4
4
●各領域から1科目以上

注1. 領域Aの臨床心理学特別研究I,IIは研究科の必須科目ですので必ず履修してください。

注2. 領域B、領域C「社会心理学特論」、領域D「精神医学特論」もしくは他分野の選択必須科目から4単位以上履修してください。
B 生涯発達心理学特論
認知心理学特論
2
2
C 社会心理学特論
産業臨床心理学特論
(産業・労働に関する理論と支援の展開)
臨床心理比較文化特論
(家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
犯罪心理学特論
(司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
2
2 
 
 
 
2 
 
 
2 
 
 
D 精神医学特論
(保健医療分野に関する理論と支援の展開)
心身医学特論
障害者(児)心理学特論
(福祉分野に関する理論と支援の展開)
2
 
 
2
2
 
 
E 認知行動療法特論
投影法特論
心理療法特論
学校臨床心理学特論
(教育分野に関する理論と支援の展開)
2
2
2
2
 
 

●「公認心理師」受験資格に伴う養成課程を含む履修科目

必修 領域 授業科目 単位 法に定められた科目
精神医学特論
 (保健医療分野に関する理論と支援の展開)
障害者(児)心理学特論
 (福祉分野に関する理論と支援の展開)
学校臨床心理学特論
 (教育分野に関する理論と支援の展開)
犯罪心理学特論
 (司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開)
産業臨床心理学特論
 (産業・労働分野に関する理論と支援の展開)
2
 
 
2
 
 
2
 
 
2
 
 
2
 
 
①保健医療分野に関する理論と支援の展開
 
 
②福祉分野に関する理論と支援の展開
 
 
③教育分野に関する理論と支援の展開
 
 
④司法・犯罪分野に関する理論と支援の展開
 
⑤産業・労働分野に関する理論と支援の展開
 
 
 
⑥心理的アセスメントに関する理論と実践
 
⑦心理支援に関する理論と実践
 
 
⑧家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践
 
 
 
⑨心の健康教育に関する理論と実践
 
 
 
⑩心理実践実習Ⅰ
 
⑩心理実践実習Ⅱ 
 
臨床心理査定演習Ⅰ
 (心理的アセスメントに関する理論と実践)
臨床心理面接特論Ⅰ
 (心理支援に関する理論と実践)
臨床心理家族文化特論
 (家族関係・集団・地域社会における心理支援に関する理論と実践)
臨床心理地域実践演習
 (心の健康教育に関する理論と実践)
2
 
 
2
 
 
2
 
 
 
2
 
 
臨床心理実習Ⅰ
 (心理実践実習Ⅰ)
臨床心理地域実践実習
 (心理実践実習Ⅱ)
3
 
3